カントリーガーデンのお花達

園内ではラベンダーの花が見頃となりましたが、ガーデンではその他にも話題の花が沢山咲いています。

東口ゲートをくぐると12基の花車とハンギングが見事に咲いています。

ハンギングには、今年話題の八重咲きインパチェンスを入れてあります。バラのような花形とピンクの柔らかい色に、つい本物のバラと間違って鼻を近づけてしまいそう。

 

東口広場を少し進むとウェルカムガーデンがお出迎えします。ここでは、ダリア黒蝶やヤグルマギク、ブラックペチュニア、サルビアセンセーションなどが植えられています。シックな色と黄色や青色の色合いが非常にいいです。

   

カントリーハウス前でも、マスターさん達の力作のスタンドの寄せ植えがあります。ブラックペチュニアを取り入れた寄せ植えとなっています。

 

花のまきばのメドゥガーデンでは、オルラヤやマルバ、グラスが風にそよぎ涼しげな景色を演出してくれています。

収穫の谷のキッチンガーデンでは、琉球スズメウリ(オキナワスズメウリ)が実をつけ始めました。非常にかわいい実ですが、食用には向かないそうで、赤く色づいた実はリースなどの材料にいいですよ。

その下では宿根アマが最後の見頃となっています。淡いブルーの花がほんとにキレイです。観賞は午前中がオススメ!

初夏のお花達を是非見に来て頂きたいと思います。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。