カントリーガーデンでは『花と緑のある北のくらし』をテーマに、北海道を代表する牧歌的でおおらかな田園風景(カントリー) を表現しています。新しい北方系の樹木、宿根草、屋上や壁面の緑化などを盛り込んださまざまなスタイルの庭や花壇には、 身近な生活空間に活かすことのできる新技術やアイディアが豊富。草花の彩り、小川のせせらぎ、小鳥のさえずりを楽しみながら、 多彩な情報をキャッチしてみてください。

カントリーガーデン フラワーマップ

1 峠の庭

カントリーガーデンの中で最も高い位置にあるロックガーデンでは、北海道の山草類をはじめ、世界の高山植 約250種類を自然に近い状態で見ることができます。高山植物の可憐な姿をご覧ください。

2 カントリーハウスの庭園

北方系の樹木を中心に、壁や柱のハンギングバスケット、季節の花々のプランターやコニファー類、四季折々の花や葉の色を 楽しめるさまざまな種類の宿根草が北方圏ならではの景観を創造しています。

3 くらしの花園

多彩なハーブ類をメインに毎日の暮らしに結びついた植物をカントリーハウスの屋上で育てています。車椅子の方も エレベーターを利用して、気軽に庭園を楽しむことができます。

4 東口の広場

東口ゲートを入ると、最初に目にする花と緑でいっぱいの広場です。一年中豊かな緑をまとったアカエゾマツや スズランなど、北国を感じさせる木や花を寄せ植えしたさまざまなプランター類が迎えてくれます。

5 花のまきば

可憐な花の帯が幾重にもつらなるなだらかな斜面は、まるで一枚の絵葉書のよう。
赤や白、紫などの花々が緑の草原によく映えてとても鮮やかです。

6 山の花畑

雄大な山並みを背景に野生の雰囲気を残す四季折々のお花畑が広がります。花人の隠れ家へと続く森の小径は 沿道の花々を楽しめるさわやかな散策路として人気があります。

7 花のテラス

階段状にテラスを重ね、フェンスで区切られた端正な庭園。それぞれのテラスを飾る花々のハーモニーが感じられるよう工夫しています。車椅子も行き来できる緩やかなスロープになっています。

8 花人の隠れ家

花好きの主人がひっそりと愛情込めて庭づくりに精を出す…、
そんな雰囲気をイメージした空間で、いろいろなガーデニング スタイルも積極的に採り入れています。

9 収穫の谷

農地開拓によってつくられた段々畑の地形を生かし、ブルーベリー、ソバ、ホップなど季節ごとに多彩な作物が育ちます。
暮らしを支える植物の生育過程などを楽しく学べます。

10 まきばのせせらぎ

山すその湧き水をイメージした野趣あふれる空間です。春のスイセンの大群落にはじまりハナショウブやアヤメなどが夏を涼しげに 彩ります。水辺では野鳥や昆虫、小動物が生息できるよう配慮しています。

11 水の広場

正面の中央口ゲートから入園すると、滝のある水辺がお出迎え。石畳を敷きつめた広場を包むように豊かな緑が広がり開放感 たっぷり。滝の流れる岩肌はやがて緑に覆われその背景では樹木が鬱蒼と葉を茂らせています。

12 スズランの小径(こみち)

白樺の林内に5万球のスズランが咲きそろいます。木立を抜けるそよ風が、こみちにスズランの香りを漂わせます。

中心ゾーンの花々 2021.春