そりゲレンデ準備中です

滝野スノーワールドの中でも人気のアクティビティ
「チューブそり」。一気に滑り降りると、とっても気持ちいい!

このそりが無料でレンタルできるので
冬になると「そりゲレンデ」は多くの子どもたちで賑わいます。

今日はその準備の様子を覗いてみました。

何やら距離を測ったり、オレンジ色の棒を立てたり…
これって何でしょう?

実はこれ、チューブそりの「コース」を作るための目印づくりなんです。
チューブそりのストレートコースは200m、最大6コース。
雪が積もったら、圧雪車(あっせつしゃ)という機械でコースを造るのですが
コースの幅がバラバラにならないように、どのコースもまっすぐ滑走できるように
このオレンジ棒、あらためオレンジポールがとっても大事な目印になるのです。

↑この場所に雪が積もると…

↑こんな風になります。
 写真の角度がちょっと違いますが、2枚とも遠くに「あり塚の塔」が見えるのがおわかりいただけるでしょうか?

のんびりお昼寝…ではありません。
各コースのスタート地点を水平に揃えるために、地際でしっかり見ています。

滝野スノーワールドではこのオレンジポールや、赤白しましまのポールが
ゲレンデ、駐車場など色んな場所で大事な役割を果たしてます。

遊びに来たら、ちょっと注目してみてくださいね。

★滝野スノーワールドは、12/23(金・祝)オープン予定です。
 ゲレンデ状況等は12/20(火)より「今日の滝野」にてお知らせします。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。