今季1回目の「きのたんの森」開催しました!

滝野の森のプレーパーク「冒険あそび場きのたんの森」が今季もはじまりました。

第1回目の今日は19組66名の方が森の教室にあそびに来てくれましたよ!

お天気にも恵まれて、みなさんのびのびと水辺での遊びを楽しんでいました。

泥んこあそび
薪割り
土木作業
ハンモック
生きもの探し
チョークでお絵かき
丸太切り体験
木の実の釣りあそび
笹船流し

次回のきのたんの森は6月2日の日曜日に開催します。
次の開催まですこし間が空きますが緑が多くなる季節は虫探しも楽しめますよ。

ぜひ6月もあそびに来てくださいね!

「冒険あそび場きのたんの森」詳細はこちらをクリック!

+4

「教えて!徳田先生 エゾアカガエル編」開催しました

ゴールデンウィーク2日目。
お昼の気温は17度ほど。公園内では徐々に桜も咲きはじめてきています。

今日は爬虫類・両生類にくわしい徳田龍弘先生に「エゾアカガエル」について教えてもらえるイベントを開催しました!

大人のエゾアカガエルには出会えませんでしたが、田んぼの中を探すとカエルの卵以外にもオタマジャクシやドジョウ、マツモムシなど色々な生きものがみつかりました。

エゾアカガエルの卵
色々なトンボのヤゴがいました

生きものを実際にさわったり観察しながら、徳田先生がその生きものの特徴などたくさんお話をしてくれましたよ。

前日にみつけたアオダイショウなども一緒に観察してもらいました。

カナヘビ
アオダイショウ
エゾサンショウウオ

いま外来種問題に熱心に取り組んでいる徳田先生は特別ゲストも連れて来てくれていました。

指定外来種のアズマヒキガエル

まだ滝野公園ではアズマヒキガエルは見つかっていませんが、公園のすぐ近くの地域では発見されているそうです。

アズマヒキガエルの卵


毒をもつアズマヒキガエルのオタマジャクシを、エゾアカガエルやエゾサンショウウオのオタマジャクシが食べてしまうと、高い確率で中毒して死んでしまうので、在来種のエゾアカガエルやエゾサンショウウオが減ってしまう原因となります。

「ほかの場所から持ち込まない」ことがとても大切ですが、もし公園内で見かけたらスタッフに教えてくださいね。

徳田先生
エゾアカガエル以外にもたくさんの生き物について教えていただき、貴重な体験をありがとうございました!

+5

GWスタート!!

GWスタート!!
暖かい日も多く外遊び日和が増えてきました。

公園のGWといえば「イベント」「春の花」「BBQ」など…
広い公園で、春を楽しもう!

GWイベント

4/27にはGW一発目のイベント「きのたんからの挑戦状」を実施しました!

GWは他にもイベント盛りだくさん!

冒険あそび場きのたんの森

滝野の森のプレーパーク!
担当のボランティアが見守る中で自由に遊ぶことができます。

日程:4/29(月・祝)
時間:12:00~14:30
料金:無料
定員:無し
場所:森の教室

■春のクラフト体験 枯れないチューリップのカゴアレンジ

本物そっくりなアーティフィシャルフラワーを使った花かごづくりを開催します。

日程:5/3(金・祝)
時間:10:00~12:00/13:00~15:30
料金:1,000円
定員:30名
場所:東口休憩所

■昼間の星空観察会~太陽を観察しよう~

自分で観察することが難しい太陽を望遠鏡を使って観察します。
太陽以外にも金星や月も観察できるかもしれません。
※太陽は直接観察することができないため、特別な器具を使用して観察を行います。

日程:5/6(月休)
時間:13:00~16:30
場所:天文台・東口周辺

春の花続々開花中!

気温も上がり春の花々が続々と開花しています!
カントリーガーデン周辺ではコブシは見頃!
サクラ、ミニスイセンなどは咲き始め!
公園内の景色がカラフルになってきました。

BBQも楽しめる!

北海道の春といえば’BBQ!

広い園内にある4か所の炊事場やキャンプ場ではBBQを楽しむことができます!
川の音や鳥のさえずりを聞きながら大自然の中で過ごすことができます。
場所:炊事遠足広場・渓流園炊事コーナー・鱒見口炊事コーナー・森の炊事広場

各種SNS更新中!

+2

シラネアオイのローピングをしました

今日は滝野の森ゾーン・西エリアに咲く「シラネアオイ」を保護するためのローピング作業を行いました。
シラネアオイは5月中旬くらいに開花を迎えますが、つぼみのうちに間違って踏まれてしまわないよう毎年この時期に作業を行っています。

「シラネアオイの小径」ではつぼみが順調に成長しています。

散策路ではフクジュソウもまだ開花しています。早めに咲いていたお花はつぼみになっていましたよ。

フクジュソウ
フクジュソウ(つぼみ)

今回残念なことにシラネアオイの小径の斜面に足跡を見つけてしまいました。

上に生えているギョウジャニンニクを採ろうとしたのでしょうか。
足跡のそばでは、まだ地表にでる前のつぼみがむき出しになっていました。

公園内の植物の採取・持ち帰りは禁止されています。
スタッフとボランティアさんで心を込めて管理をしている公園ですので、どうぞマナーを守って散策を楽しまれるようご協力をお願いします。

また写真を撮られる方も足もとのお花を踏まないよう注意して撮影をお楽しみください!

+4

滝野の森フォトコンテスト2023結果発表!

「滝野の森フォトコンテスト2023」の投票結果を発表します!
冬のあいだお客様による人気投票を実施し、今回は250名の方から全491票の投票をいただきました。

さっそく入賞した5作品から順に作品をご紹介します。

第1位「滝野の森3大かわいい」
撮影者 ふう さん
第2位「そこで何してるの?」
撮影者 HIROさん
第3位「シマエナガ」
撮影者 のっち さん
第4位「森の宝石-ルリビタキ」
撮影者 ウッチーさん
第5位「蝶のダンス」
撮影者 あーちゃん さん

入賞おめでとうございます!
今年はシマエナガやエゾリスなど可愛い生きものの写真が上位を飾りましたね。

また惜しくも入賞には届かなかった作品もどれもすてきな写真ばかりでした。

「黒い恋人」
撮影者 ボスさん
「新緑、新装」
撮影者 朴全さん
「おじさん顔オカモノアラガイ」
撮影者 コニタンさん
「アオジ」
撮影者 北のゴム銃マンさん
「青空と森の交流館」
撮影者 つむ さん
「滝野の森のお出迎え」
撮影者 つむパパ さん
「せみのようちゅうきにのぼる」
撮影者 りーちゃん さん
「オオアカゲラ見つけた!」
撮影者 たけちゃん さん
「ザ☆カブトムシ」
撮影者まみちゃん さん
「もういっかい!」
撮影者 キャベツ太郎 さん
「イヌイットのゴーグルみたい!」
撮影者 おばちゃん さん
「キノコ×キノコ」
撮影者 やっちゃん さん
「トノサマ…重いですッ!」
撮影者 メグミルクさん
「誤食するとこんな顔?」
撮影者 あらさん
「雨上がりのお散歩」
撮影者 ままちさん
「花」
撮影者 るきさん
「森の小さなカメラマン」
撮影者 haru.chiさん
「仲良しですね」
撮影者 UNOさん
「おいらはミヤマ」
撮影者 タカサンさん
「滝野の暮らしと秋の空」
撮影者 はるみ さん
「滝野の森に・・・宇宙人、出たア~」
撮影者 ヒロヒロ さん
「オニグルミとゆきんこちゃん」
撮影者 のぞみさん
「宝石」
撮影者 ゆうと さん
「エゾリスさんの、おやつ?」
撮影者 岸本知樹さん

みなさまご参加ありがとうございました。

作品は開園期間中の4月20日から11月10日まで、中心ゾーンのビジターセンター内に展示しています。
ご来園の際はぜひお立ち寄りください♪

滝野の森フォトコンテスト2024についてはこちらをクリック

+2

【閉園中】春からのイベント情報を公開しました!

4月6日の朝9時より、ホームページに春からのイベント情報を公開しました。

いつ来ても楽しめるクイズラリーや自然を楽しむガイドツアーなど春もイベント盛りだくさんです!

内容はホーム画面「イベント情報」からご確認ください。

一部のイベントは1か月前から受付を開始します。
ぜひ気になるイベントをみつけてくださいね。

たくさんのご参加お待ちしております♪

+3

今季最後のスノーシューガイド「滝野の森で春探し!」

天候 晴れ、気温11度。公園内の積雪は77センチです。

今日は今季最後のスノーシューガイドとなる「滝野の森で春探し!」を開催。
11組17名の方にご参加いただきました。

今年はこの時期としてはたっぷりと雪が残っているので、春先一番に咲くフクジュソウは見ることができませんでしたが、暖かい日差しのなか春を感じられる散策となりました。

昨年(2023年3月26日)の「滝野の森で春探し」の様子
今年(2024年3月24日)の「滝野の森で春探し」の様子

散策コースはイベント限定で入れる滝野の森ゾーン・自然博物園です。

こんな春らしいものも見ることができましたよ!

ミズバショウが少しだけ顔を出していました
フキノトウ
セッケイカワゲラ
カエデの木から甘い樹液があふれ出していました

ご参加ありがとうございました!
今年は雪が残っているのでスノーシューでの散策もまだ楽しめますよ!
スノーシューは案内所、カントリーハウス、森の交流館の3カ所で無料レンタルしています。

冬の開園期間は3月31日までともう残りわずかですが、この時期にしか見れない春を見つけにぜひご来園ください♪

+2

「カエデの樹液でメイプルシロップを作ろう」開催しました!

今日の気温は0度。公園の積雪は95センチです。

滝野の森ゾーンでは今年も「カエデの樹液でメイプルシロップを作ろう!」を開催しました。

毎年大人気のこちらのイベントですが、今年はなんと95組もの応募がありました!
少しでも多くの方にご参加いただくため急きょ内容を変更。
定員を5組から10組に拡大し午前・午後の実施に変更して開催しました。
今年は抽選に当選された10組34名の方にご参加いただきました。

樹液の採取の方法をレクチャーしてもらいさっそくスタート

販売されているメイプルシロップはサトウカエデなどから作られていますが、滝野の森にはないので自生しているイタヤカエデの木から採取を行います。

特徴のかかれたカードもってイタヤカエデ探し
昨日は30センチ以上雪が積もったのでズボズボ埋まりながら歩きました
木をみつけたらドリルで深さ約2センチの穴をあけます
ホースをさしたら…
ペットボトルをつけてセット完了!少し雪にうめて固定します

皆さん、すぐにカエデの木をみつけることができました!

後半はお待ちかねのメイプルシロップ作りです。
今回は時間の関係上、事前に採取した樹液を使って煮詰めていただきました。

400mLの樹液をつぎ足しながら煮詰めていきます

じっくり30分ほど40分の1の量になるまで煮詰めて完成!
出来上がった甘いメイプルシロップを味見していただきました。

最後は樹液をなめにくる鳥たちや生きものの写真を見ながら振り返りをして、イベントは終了。
プレゼントにボランティアさんが撮影したシマエナガの写真などをお持ち帰りいただきました。

ご参加ありがとうございました!

+9

3月17日は「自然博物園開放日」!

3月も中盤にはいりました。
現在の公園の積雪は69センチです。

3月17日の日曜日は冬の自然博物園を散策するラストチャンス!
冬季一般開放していない滝野の森ゾーン「自然博物園」を12時30分~15時00分の時間帯だけ特別に開放します。

森の情報館ではスノーシューの無料レンタルも行いますので、ぜひ散策にお越しください♪

案内拠点:森の情報館(イベント時のみスタッフが在中します)
スノーシューで散策できます
雪あそびグッズもご用意しています

3日と10日の開放日では今年つけられたばかりのクマゲラの食痕やヒメネズミなどを見ることができました。

クマゲラの食痕。近くでは鳴き声も!
ヒメネズミ(2024年3月3日 ボランティアさんが撮影)
タイミングが良ければ野鳥と出会えるかも♪
ヒツジの顔をしたオニグルミの冬芽
バンザイしているオオカメノキの冬芽
野牛沢川のせせらぎに癒されます

ぜひこの機会に自然いっぱいの冬の自然博物園をお楽しみください♪

【自然博物園開放日】
■開放日 3月17日 日曜日
■開放時間 12時30分~15時00分(時間内出入り自由)
※受付終了14時30分
■案内拠点 森の情報館
■最寄駐車場 森口駐車場(イベント時特別開放)
※スノーシュー無料レンタルあり

詳しくはこちらをクリック

+6

「たきの森フェス2024winter」開催しました!

2月25日 天候は晴れ。
穏やかな気温と雪にも恵まれ、たきの森フェス「たいけん!ノモリ調査団5」を開催しました!

会場の入口には、滝野の森に住むナゾの生きもの「ノモリ」が今年も出没!

ラリーカードをもって森の中を冒険しながらスタンプを集めに出発します。

調査団の証「腕章」をつけて出発!
ノモリ研究所には森でみつけた宝物が並んでいます
時には斜面にチャレンジして近道!

会場内に点在する8カ所のブースでは色々な体験を楽しんでいただきました。

公園ボランティア「滝野の森クラブ」のコーナーは、焚き火と雪あそび。
大きな焚き火に松の葉っぱを投げ入れる体験が大人気でした!

1番最初にきてくれたお客様による点火式
松の葉を燃やすとパチパチと大きな音が鳴りました!

そして今年はなんと森見の塔が巨大ノモリに変身!!
たくさんの方がノモリの写真を撮っていかれました。

「NPO法人共育フォーラム」さんのコーナーでは斜面を滑ると笹の檻に捕らわれる仕掛けが!

スタッフと一緒にあそんだり雪のベンチで休憩したりと、ゆったりとした時間が流れていましたよ。

「天文ボランティア」さんは、望遠鏡の使い方や冬に見れる星座の紹介をしてくれました。

Mitakaというソフトを使って星座をモニターに映しています

「青少年山の家」さんのコーナーではかわいい雪のシマエナガがたくさん作られていました!
他にも野鳥の観察の方法や鳴き声などを教えてくれましたよ。

「北海道大学森林研究会」の皆さんはリスの宝探しゲームを企画してくれました。
リスが何を食べているのか、あそびを通じて学ぶことができました!

「プロジェクトワイルドチーム」さんのコーナーでは本物のクマの毛皮を触ったり、食べ物などについて教えてもらいました。
一般的に怖い、人を襲うというイメージもあるクマですが、正しい生態を知ることで共存を考えるきっかけになればいいですね。

「札幌市公園緑化協会・外あそびチーム」さんのコーナーでは、子供たちが油圧式の薪割り機を使ってがんばって薪割りをしてくれていました!

最後にいつも大好評の「ドラムサークル」さん。
みんなが輪になって鳴らすタイコの音が楽しげに響き渡っていましたよ!

今年の森フェスは541名の方が参加してくださいました。
たくさんのコーナーを回ってスタンプを集めてくれた方には、森フェス限定缶バッジをプレゼントしましたよ。

ご来場の皆さま、ご協力いただいた団体の皆さま、ありがとうございました!
森フェスは夏にも開催しますのでお楽しみに!

+14